夢のアメリカ留学体験

私は大学2年の夏にアメリカ、ニューヨークへ短期語学留学しました。中学の時から英語が大好きで、英会話教室にも通っていました。いつしか映像でしか見たことのないあのきらびやかな街へ行ってみたいという思いが強くなっていた私は、大学に入ってすぐにバイトを始め留学資金をためることにしました。私が通った語学学校は1ヶ月の授業料が23万円ほどで、そこにプラス航空券代とあっちでの生活費(遊ぶお金?笑)を合わせると大体合計40万円ほど必要でした。航空券に関しては半年以上前から抑えていたので、燃油サーチャージ込みで往復直行便で9万円という格安の値段でゲットすることが出来ました!どうにか1年間で貯めた私は念願のニューヨークへと旅立つことが出来ました。
初めてのニューヨークは言葉の通り眠らない街(the city never sleep)でした。マンハッタンへ出かけたときはまるで映画の中にいるような感覚に陥り、大好きなドラマの一つのHEROESのマシオカがやっていた「ヤッター」のポーズを繰り返ししていました。笑 本当に興奮しっぱなしの1ヶ月でした。一つ心残りなのが留学した当時私は20歳だったのですが、アメリカでは21歳からお酒が飲めるというのをあっちで知り、またパスポートを提示しないとバーなどには入れなかったので、みんながオシャレしてクラブに行く姿をいつもうらやましく見送っていました。
語学学校での授業は日本の英会話教室とはまた違う雰囲気のなかで行われました。基本ディスカッション形式で授業が進められ、テキストはあまり使わなかった印象があります。ちょうどイースターの行事が近かったので、色々な国のイースター行事をタイムリーでネットで探しプロジェクターに写しながら授業をしたりもしました。1ヶ月の中で一番印象に残っている授業は、iPadを使いながら行った授業です。世界各国の面白可笑しい法律をiPadで探し、授業の最後に発表するという授業でした。英語でしか検索してはいけないというルールがあったにもかかわらず、みんな自分の国の言葉で検索して怒られた思い出があります。
人生の中でニューヨークへ留学に行けたことは、私の人生の糧になったと思います。この経験が無ければ、一方的な価値観や狭い視野でしか物事を見れなかったと思います。今はもう一度ニューヨークへ行くためにこつこつと貯金を頑張っています。笑 またあのキラキラした場所へ行けることを願っています。

PR
ライブチャット|女性の人生|MY2-Link|心の童話|ライブチャット|驚愕頭部|スマホアフィリエイト|PagerankExplore|相互リンク|ショッピングカート設置|イケテル男性の為のグッドチョイス生活|